別れの前兆?彼氏が倦怠期に入ったサイン5選

 

彼氏と付き合った当初はあんなに仲良くラブラブだったのに、気が付くと一緒にいてもどこか距離感を感じるように・・・

お互いに心を許してちょうどいい距離感に落ち着けるようになったといえば聞こえはいいけれど、それとは少し違う気がする。そのような場合、もしかすると別れの前兆の倦怠期サインかもしれません。

あらかじめ倦怠期サインを知っておくことで、早めに対策をとって別れの危機を防ぐことができますよ。

そこで今回は、彼氏が倦怠期に入ったサイン5選をご紹介します。

彼氏が冷たくなってきたと感じたときに知るべき考え方とは?

2017.06.17

 

別れの前兆?彼氏が倦怠期に入ったサイン5選

別れ 倦怠期 サイン

せっかく一緒にいるのに会話が少ない

距離が縮まれば縮まるほど、話を振ったり会話を盛り上げようという気遣いは減っていきます。

お互いに気を使ったり無理をしなくてちょうどいい距離感と感じられるのであればいいですが、どちらかがさみしさを感じてしまうようであれば注意が必要です。

少しずつ彼に対する不満として積み重なっていき、いつか何かのタイミングで爆発して将来的に別れの原因となりかねません。

 

LINEの返信に時間が掛かったり既読無視が増えた

釣った魚にエサをやらないとはこのことで、すでに自分に惚れた女性に対してLINEなどの連絡がおろそかになる男性はとても多いです。

女性の側からLINEを送りすぎて男性に面倒だと感じさせている場合もありますが、LINEの頻度やタイミングもそこまで変わってないはずなのに、男性からの返信が遅れる・なくなった場合には危険信号です。

 

デートに極端にお金を掛けなくなった

デートはほぼ毎回お金がかからない自宅や近所で、全く新鮮味もなく楽しめていないのであれば倦怠期サインです。

お互いに無理をしなくなったとも捉えられますが、それにしてもケチすぎると感じられる場合は間違いないでしょう。

せっかく休みを合わせて2人きりで会っているわけですから、お金を節約したい思いがあっても限度というものがあります。

 

せっかくのデートにオシャレをしなくなった

男性に多くみられるのがデートでオシャレをしなくなる倦怠期サインです。

恋人としての自分を軽んじられているようでとても悲しい気持ちになりますよね。

当初は自分をよりよく見せたいと感じてオシャレに力を入れていたのに、一度心を許したら自分が楽ちんな服装ばかりで、彼女と会うためにオシャレをしようという気持ちが感じられません。

 

未来の約束をしなくなった

付き合い立てホヤホヤの頃は会うたびに今度は○○に行こう!・○○をしよう!と自然に盛り上がって計画を立てたりしていたのに、今はそういう話題も出ることがなくなった。

たまにこちらから○○へ行きたいと提案してみても、お金がないやら面倒やら都合が合わないなどを理由に断られてしまう場合は危険度の高い倦怠期サインです。

 

別れの前兆?彼氏が倦怠期に入ったサイン5選まとめ

別れ 倦怠期 サイン
別れの前兆?彼氏が倦怠期に入ったサイン5選まとめ

・せっかく一緒にいるのに会話が少ない

・LINEの返信に時間が掛かったり既読無視が増えた

・デートに極端にお金を掛けなくなった

・せっかくのデートにオシャレをしなくなった

・未来の約束をしなくなった

彼氏が冷たくなってきたと感じたときに知るべき考え方とは?

2017.06.17