LINEを間違えたフリして連絡するのはやめておこう

 

好きな人にLINEを間違えたフリをしてでも連絡したいそう思ったことはありませんか?

彼のことが気になりすぎて、ついつい連絡を取りたくなってしまう・・・けれど、かといって連絡するような用事もないため、わざと誤った相手に送ったフリをしてLINEを送ってしまう女性が少なくありません。

 

しかし、わざと間違えたフリをしてLINEを送ってしまうと相手の男性に対して、かなりの悪印象を与えてしまう危険性があります。

 

そこで今回は好きな人にLINEを間違えたフリして連絡する危険性と、連絡したいのに用事がない時はどうするべきかご紹介します。

 

間違えたフリのLINEは99%バレる

 

普通の男性は、相手を間違えて送られたメッセージにかなりの違和感を抱きます。

 

悩み女子
どうして?送り相手を間違えちゃうことぐらいあるんじゃないの?

 

メッセージを作成するときには直前の相手のトークを見ながら作るわけですから、誤って別の人とのトークを開いてしまったときに当然気付くはず。

 

LINEを別の人に誤送信するためには、ある人のトークを開きながら違う人に対するメッセージを作成する必要があります。

 

冷静に考えればかなり不自然でありえない状況ですよね。

気になる男性と連絡を取りたい一心で間違えたふりのLINEを送ったとしても、『この子、わざと間違えて送ったんだな』と99%男性にバレるのでやめておきましょう。

 

間違えたフリのLINEはマイナス効果しかない

 

悩み女子
仮にバレちゃったとしても、相手に好感があるのが伝わるからいいんじゃないの?

 

このように考えるのは甘いです。

中にはそう思ってくれる男性もいるかもしれませんが、ほとんどの男性はそういった回りくどいことする女性を重たい女と認識してイヤがります。

 

回りくどいことをして気持ちを伝えてくる女性という印象がついてしまうと、いざ付き合ってもめんどくさい思いをしたり苦労するだろうなと想像してしまいます。

重い女・面倒な女と思われてしまうと、あなたに好意を持っていた男性さえも引いてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

また間違えたフリをして送ったLINEに反応があったところで、そこから別の話題を広げるというのもかなり不自然です。

誤送信LINEをすることで、連絡を取りたい気持ちが伝わって喜ばせることはできないとはいいませんが、そのためにわざわざ好きな相手に引かれてしまうリスクをとるのは相当危険です。

 

間違ったフリの誤送信LINEよりも素直に気持ちを伝えたほうが100倍効果的

 

気になる人・好きな人と連絡を取りたい気持ちが強すぎて、誤送信LINEを作ってしまうくらいなら、あなたと連絡したいと直接伝えたほうが100倍効果的です。

 

悩み女子
でもさすがにそれは恥ずかしいかも・・・

 

あなたと連絡したい、というまっすぐな好意・気持ちを伝えられてイヤだと思う人はいません。

 

もし、迷惑に思われたらどうしようと心配してしまうかもしれませんが、意味の分からない誤送信LINEに付き合わされるよりもよっぽどマシです。

 

忙しい人に無理に強要するのは避けるべきですが、もしそういった状況であれば気持ちをしっかりと受け止めた上で落ち着いたときに連絡をくれるでしょう。

もちろん、素直な気持ちを伝えた分、2人の距離は確実に縮まっているはずです。

 

LINEを間違えたフリして連絡するのはやめておこうまとめ

LINEを間違えたフリして連絡する

・間違えたフリのLINEは99%バレる

・面倒くさい・重い女と思わせるマイナス効果はあってもプラス効果はない

・誤送信LINEよりも素直に連絡をとりたい気持ちを伝えたほうが100倍効果的!