実は好き同士?両想いのサインを引き出して関係を進める方法

 

お互い好き同士であっても、両想いサインを見逃してしまうと関係がうまく進まないということがあります。

もし自分と相手が好き同士とはっきりわかっていれば、自然と自信や勇気が湧いてきてデートに誘ったり告白をして関係を進めることは難しくないはずです。

しかしそこまではっきりしない微妙な関係・距離感の場合、『両想いなのかな?でもこっちが気にしすぎているだけかも・・・』などと何度も同じことを考えてしまうのではないでしょうか。

 

実際に勇気を振り絞って告白をしてみると、実はお互いに好き同士だったということはとても多いです。成功後に振り返って『あれは両想いのサインだったな』と感じられても、告白前には様々な不安や心配に思う気持ちがジャマをして、両想いのサインをそのまま素直に受け取ることができなかったりします。

 

お互いが好き同士で関係を深められる良いチャンスだったのに失敗に終わってしまうのはとてももったいないことです。

せっかく両想いになれているのであれば、その機会を逃さずにしっかりととらえて彼氏彼女の恋人関係にまで進めましょう。

そこで今回は両想いのサインと関係を進める方法をご紹介します。

 

両想いのサインを知るためにはこちらから小さな好意を伝えてみる

 

男性との両想いのサインを知るためには、こちらから小さな好意を伝えることが大切です。

両想いの状態にある男性は、『自分から気持ちをはっきりと伝えるのは恥ずかしいけれど、相手の気持ちは知りたい!』と強く思っています。

 

あなたを好きだという気持ちはあっても、それを伝えるのは傷つく可能性もあるし怖いと思っている状態です。言い換えれば、自分からは行動を起こさずに、あなたの行動からあなたの本心や好意を何とか見つけ出そうとしている状態ともいえます。

このように書くとなんだかヘタレた、あまり良くないように見えてしまうかもしれませんが、このような状態の男性は一度こちらから気持ちを伝えれば、好意を確信してアクションを起こす可能性が非常に高いです。

 

なので両想いのサインを知りたければ、こちらからちょっとした好意を伝えてみることをおすすめします。

とはいっても好きですと直接伝える必要はありません。※それはそれでかなり効果的ですが、それが簡単にできる人ならとっくに関係は進んでいるはずです

 

両想いのサインを引き出して関係を進める方法

LINEをわざと引き延ばしてみる

すでに関係が深まっている人は自然に実践しているかもしれません。

LINEでとっている連絡を長続きさせましょう。自然に一週間以上続けられるようになったり、あるいは常に連絡を取っているのが当たり前の状態にまで持っていければ大成功です。

両想いであれば、あなたのほうからLINEを長引かせようとするそぶりが感じられれば、男性のほうもLINEを長引かせようとしてくるでしょう。

 

つまりここでの両想いのサインは、男性からもLINEを引き延ばしてくるというものです。

おやすみ、おはようなどで自然につながっていればとても良いです。ここまではっきりしていなくてもなんとなく夜遅くなったら返信をしなくなったり、LINEを続けたいという気持ちが感じられればOKです。

 

LINEを続けているのが楽しいと伝えてみる

相手の男性とLINEをしているのが楽しいと伝えてみましょう。直接伝えてもいいですしそれすらも難しければLINEで伝えても問題ありません。LINEの話題なので、LINEで伝えるほうが簡単かもしれませんね。

はっきりと好意を伝えているわけではありませんから、『あなたが好き』と伝えることは恥ずかしくてもこれぐらいなら、勇気を振り絞りさえすればできるはずです。

 

このメッセージを受けとった男性は、自分とLINEをしているのが楽しいってどういうことだろう・・・?と頭がいっぱいになってしまうでしょう。あなたのことを考え続けてしまう状態です。

男性のほうから自分も楽しいだとかそういうメッセージが送られてくれば両想いのサインです。

さらに男性の側で確信が持てれば、近いうち何かアクションがあるでしょう。

 

デートに誘われた話を伝えてみる

デートに誘われたと伝えるのはとても効果的です。

付き合っていない男女の間でそうしたことをわざわざ伝えあうのはいわば、『他の人から誘われてるけど行っていいの?』・『このままだと行っちゃうから止めてよ?』と遠回しに言っているようなものです。

こうした言葉をあえて伝えられることで、相手の男性は『自分にそういうことを教えてくるなんてもしかすると・・・』と両想いであることが頭をよぎり思い切った行動できるようになることがあります。告白待ちの状態などでかなり有効かもしれません。

 

ここではっきりと行かないで欲しいというような言葉が出れば強い両想いのサインです。

男の人だって相手が自分のことを好きだとわかると自信が湧いてくるものです。

 

ただし、相手が鈍かったりシャイボーイだったりすると注意が必要です。デートに誘われたと伝えたときに、『行かないでよ』と言ってくれればとても分かりやすいのですが、大抵の場合驚きの入ったような表情で行っちゃうの?と聞いてきたり、反対に全く関心のないふりをしたりします。

この方法は相手の男性の本音を見極めたり、嫉妬心に火をつけて行動を起こさせるのに効果的ですが、自分に自信のない男性の場合にはあなたを諦めるきっかけにもなりかねないので、この話を終わらせるときには他に好きな人がいるから断る的なことを伝えておきましょう。

 

あなただよと伝えるのは恥ずかしくても、他に好きな人がいるくらいなら伝えられるでしょう。この一言がきっかけで一気に関係が深まることもあります。

 

デートに誘って欲しいと伝える

かなり直接的な方法ですが、デートに誘って欲しいと伝えてみましょう。

はっきりとデートに誘って欲しいという伝えられる人はそのまま送りましょう。

 

ここでスムーズにデートに行く流れに運ぶことができれば両想いのサインです。

 

もしそれすらも難しければ、オシャレなお店や楽しそうなイベント、映画でも何でもいいですが行ってみたい場所があることを伝えるだけで十分です。

すると自然に『行ったらいいじゃん?』というような流れになるので、すかさず一緒に行く人がいないと伝えれば、両想いの関係の男性であれば『じゃあ一緒に行く?』と誘ってくれるはずです。

両想いの二人ですから、デートに行きさえすれば何かしらの進展は会ってしかるべきでしょう。

 

これは両想いのサイン?と思ったら

 

ここまで両想いのサインを引き出す方法を紹介してきましたが、実際にはその時の状況や、あなたと男性との関係性によっても両想いのサインかそうでないかは変わってきます。

一般的には両想いのサインでなくてもその人にとってはとても可能性の高い両想いのサインだったり、あるいはその反対ということもあり得ます。

 

振り返ってみると、あれって両想いのサインだったのかな?と気になって仕方がない時には、占い師に相談して解決することをおすすめします。

なかでもイチ押しなのがLINEのサービスの1つ、LINEトーク占いです。

 

LINEトーク占い

 

記事で紹介する解決法は一般論になりがちですが、占い師に個別で相談することで、あなたが気になっていた彼の行動や振る舞いが両想いのサインなのかどうかを知ることができます。

 

また、さらに詳しい状況を説明することで、あなたが見逃していた可能性のある彼からの両想いのサインを教えてもらうこともできますよ。

もちろん、LINEが提供するサービスなので安心して利用可能です。

 

今なら10分間無料で利用ができるので、気軽に試してみることができますよ。

 

男性は気持ちが変わりやすいため、あなたへの好意がいつまでも長続きするとは限りません。

長く悩み続けるよりも、答えを見つけて次のステップへと踏み出すことが大切です。

 

本当は積極的なアプローチや告白をしたいけれど、彼がどう思っているかわからないから行動できないという方は、ぜひ一度試してみてください。