お泊りデートなのに何もない!手を出してこない男性の心理とは?

 

お泊りデートで結局何もないまま帰宅という経験をしたことはありませんか?

せっかくのお泊りデートを楽しみにしていたのに、男性から手を出されないと女性として意識されていないのか不安になってしまいますよね。

手を出してこない男性の心理を知れば、それを利用して二人の関係をグッと縮められますし、ちょうどよい距離感を保つことだってできますよ。

そこで今回は、お泊りデートなのに手を出してこない男性の心理をご紹介します。

 

お泊りデートなのに男性が手を出してこないで何もない理由

友達だと思っている

 

あなたのことを異性の女性として意識するよりも、友達の一人と認識している場合には手を出してこないことがあります。

『男性が女友達とお泊りデート』というと一般的にはかなり違和感はありますが、世の中にはいろいろな感じ方、考え方をする人がいるので絶対にありえないとは言い切れません。

 

これまでに男性のほうから好意をアピールしてきたり、ボディタッチなどのアプローチが一切ないのであれば、ひょっとすると男性はあなたのことを友達と思っているのかもしれません。

このような友達と認識している男性に対しては、『2人の関係についてどう思っているのか』と質問してみるのも1つの手です。

 

本当は手を出したかったけれど勇気が出なかった

 

本当は手を出してあなたと親密な関係になりたいと思っていても、勇気が足りずに何もできないままお泊りデートが終わってしまうことがあります。

女性と繋がりたい気持ちはあるものの、『手を出して嫌われたらどうしよう』・『勘違いしていると思われたら恥ずかしい』などといった不安が大きくなってしまって手を出せない状態です。

 

お泊りデート中に、あなたの隣に座ってきたり、手を繋いだりとスキンシップを取ろうとしているのを感じられたのであれば、あとひと押しの勇気が足りなかっただけという可能性があります。

女性の方から過剰にアプローチする必要はありませんが、男性が自信を持って行動できるように、少し背中を押してあげるくらいの好意を見せてもいいかもしれません。

 

大切にしたい気持ちが強すぎて慎重になっている

 

義理堅く誠実なタイプの男性にみられるのが、女性を大切にしたい気持ちが強すぎて手を出してこないケースです。

あなたのことを心から大事に思っているため、関係を持つのはしっかりと心を通わせてからにしたいと考えており、お泊りデートのような絶好の機会であっても我慢してしまうことがあります。

 

軽い気持ちであなたと付き合いたいと思っているわけではない、あるいは付き合っているわけではないため、身体目的だと誤解されたくないという心理も重なっています。

 

このような硬派な男性に対しては、辛抱強く相手からの行動を待ちましょう。

女性の側から積極的にアプローチをするという方法もありますが、男性がすぐに身体の関係を持つことをよしとしない主義である場合には悪印象を与えかねません。

深い関係になるまでに時間はかかりますが、その分しっかりとあなたのことを大事にしてくれるのは間違いないでしょう。

 

経験不足でどうしてよいかわからないかった

 

これまでに恋愛経験が乏しく、女性と十分に付き合ったことがない男性の場合、あなたと親密になりたいと思っていても、どうしてよいかがわからずにうまく言葉や行動で示すことができないことがあります。

お泊りデート中、過剰に緊張してガチガチになっていたり、もじもじして何をしたいのかわからない、といった様子が見られればこのケースかもしれません。

このようなケースでは辛抱強く男性の行動を待つのもよいですが、あなたの方からもやや積極的にアプローチすることが必要な場合があります。