仕事ができてカッコイイ!職場で魅力的な女性になる3つの方法とは?

 

仕事がデキる女性ってカッコイイですよね。やるべきことをテキパキとこなして、いかにもバリバリのキャリアウーマンって感じがします。

そういう人は生まれつき持っている能力が高いから仕事ができる、というわけではありません。

実は、仕事をうまくこなすための方法を自然と実践しているんです。

そこで今回は、『仕事もできてカッコイイ!職場で魅力的な女性になる3つの方法とは』をご紹介します。要領よく仕事をこなしてデキる女性になりたいという方は参考にしてみてください。

 

 

1.依頼事項をはっきりさせる

何かをお願いされたときには、『誰が・いつまでに・何を・どうして欲しい』のかをはっきりさせるようにしましょう。

しっかりと話し合って決めたはずなのに、自分と相手とで認識がズレているということがよくあります。

お願いされていた仕事をやっとの思いで終わらせて、完了の報告をした時に「違う違う、こうやってやって欲しいんだ」などと言われたら大変ですよね。

一度終わらせたはずの仕事をやり直すことになり、時間と労力を無駄づかいしてしまいます。場合によっては相手との関係性にヒビが入るということもありえるでしょう。

自分がお願いをする際も同様です。相手にいつまでに何をどうして欲しいのか明確に伝えるようにしましょう。

 

2.机の上をキレイに片付ける

机の上がごちゃごちゃとしていると、いかにも仕事ができなさそうで頼りない印象ですよね。

不必要なものであふれているため、仕事に集中しようにも気が散って、業務の効率が落ちてしまいます。

デキる人の机はキレイです。整理整頓を心がけましょう。

 

3.1度に1つのことしかやらない

1度に1つのことしかできないなんて能力が低いのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ、同時に複数のことをやろうとする方がかえって判断力や処理能力が落ち、仕事の効率が悪くなります。

自分の持つ集中力や判断処理能力といったリソースは有限です。その時一番やるべきものだけに資源を集中させるのが、最も効率の良いやりかたです。

疑り深い方は、職場で仕事ができる先輩を観察してみるといいでしょう。色んな事をやっているように見えても、同時並行で同じ仕事をしているわけではありません。短い時間単位で区切っているだけで、1度には1つのことしかしていないということがわかるはずです。