酔った勢いで電話をしてくる男性の心理とは

 

いつもは電話なんてしてこないのに、お酒を飲んで酔っ払ったときに電話をしてくる男性いませんか?

お酒を飲んで気が大きくなっているのはわかるけれど、いったいどういうつもりで電話してきたのか気になりますよね。

じつは酔っぱらった男性が電話をしてくる時には、あなたに真剣な好意を持っている場合と遊び相手にしたいという2つのパターンに分けられます。

そこで今回は、酔った勢いで電話をしてくる男性の心理をご紹介します。

 

酔った勢いで電話をしてくる男性の心理

普段は勇気が出ないがお酒の力を借りて電話をした

 

酔っぱらって電話をしてくる男性のパターンで最も多いのが、『普段は勇気が出ないがお酒の力を借りて電話をした』パターンです。

ひそかにあなたに対して好意を持っているものの、普段はとても電話をできないといった少しシャイな一面を持っている男性に多く見られます。

酔っ払って気が大きくなっているところで、お酒の力を借りてようやくあなたに電話をしているので、わかりやすく好き好きアピールをしてあなたに好意を伝えてきたり、逆に何の電話だったの?と謎に感じるほど好意を伝えてこないなど極端な反応が見られます。

 

このパターンの男性には他にも次のような特徴が見られます。

 

お酒の力を借りて電話をしたパターンの特徴

・普段はどちらかというとシャイ

・大した用事はない

・好意も伝えてこないし何の電話だったのか謎

・一方で極端に好意を伝えてくることがある

・デートに誘ってくる

・翌日に謝ってくる

 

このパターンの男性は、あなたに好意を持っているがシャイという奥ゆかしいタイプなので、翌日にはすっかり素に戻って『昨日の電話で変なこと言わなかった?』などと謝ってくるのが少しかわいらしいところです。

 

飲み会の勢いで女性と遊びたくなった

 

先のあなたに好意を持っている男性とは真逆で注意しなければならないのが、『飲み会の勢いで女性と遊びたくなった』パターン。

電話をする女性に対して本気で好意を持っているわけでもなく、ただ単に遊べる女性の数を増やしたいと思っており、『この女の子ならいけるだろう』という根拠のない自信と底の浅い魂胆が透けて見えるのが特徴です。

お酒を飲むたびにいろいろな女の子に電話をして好意を伝えてくる習性があるので、このパターンの男性が電話をしてきた時には警戒が必要です。

 

酔った勢いで電話をしてくる男性の心理まとめ

酔った勢いで電話をしてくる男性の心理まとめ

・普段は勇気が出ないがお酒の力を借りて電話をした

・飲み会の勢いで女性と遊びたくなった